facebook twitter

中国語の重要性が高まっている理由

 

理由4:中国から日本への旅行者数が増加している

国際観光振興機構が発表したデータによると、2007年に日本を訪れた外国人旅行者は、中国からの観光客の数が初めて米国を上回った。  

訪日外客数

他の上位の顔ぶれからも、アジアの経済成長が日本の観光業の発展に大きく寄与しているということが言える。

2007年に日本へ観光に訪れた外国人の旅行者数は、前年に比べて約14%増の過去最高になる834万人であったが、そのうち中国本土からの旅行者数は94万3000人で、16%も増加したが、米国からの旅行者は小幅に減少し、81万6000人にとどまった。

2005年に中国政府が中国本土客向けに日本への団体ツアーを解禁して以降、来日する本土観光客の数は大幅に増え続けている。

そうはいっても中国政府はまだ海外旅行に対して規制をしており、日本に旅行するのにも多額の保証金が必要であったりして、なかなか旅行の許可が下りないのが現状であり、潜在的な日本への旅行の希望者はまだまだはるかに多いといえる。