facebook twitter

学習の前に1:中国語の特徴

ごあいさつニーハオ
「中国語」っていったいどんな言語でしょうか?ここではその特徴を取り上げます。

簡体字”が使われる

簡体字

  • 中国語は全部漢字で書き表わされています。新しい流行語や外来語などもカタカナのようなものがないので、漢字に書き直され、使用されています。

    しかし、その漢字は私達が使っているものとは形が違うものがあります。なぜなら、漢字は中国人によって作られ、日本に伝わってきたのですが、中国は50年代に数回にわたって、漢字の画数を減らしたり、あるいは漢字の一部分をなくしたりして漢字を簡略化してきたからです。

    イエは“家”、ウシは“牛”ですが、アタマは“”でウマは“”です。この中国独自の簡略化された文字を「簡体字」といい、中国語を書き表わす正式な字体です。
    新出単語が出るたびに一つずつ覚えていきましょう。

     

普通话(プートンファ)”

普通語

  • 中国は56の民族がおり、その中で人口の90%以上を占めるのが「漢族」とよばれる漢民族です。その漢族が使用するのが漢字を使用するその漢族が使用するのが漢字を使用する「漢語」=「汉语(ハンユー)」です。つまり「漢語」とは漢民族の言語のことです。

    漢民族の言語ですから、ここには北京語も上海語も広東語も含まれます。中国は方言の多 い国なのです。しかし、方言といっても外国語のように全く意思疎通できないのがほとんどです。そこで中国全土にあまねく《普く》通じる《通》ことば《話》という意味の「普通語」、いわゆる標準語が定められ、ラジオやテレビ、新聞、学校教育といった公の場で使用されるようになりました。私たちが学ぶのはこの全国共通の中国語、すなわち“普通话(プートンファ)”です。

     

中国式表音ローマ字

中国式表音ローマ字

  • 漢字だけしかない中国語、ではその読み方はどう表わしたらよいでしょう。確かに漢字は目で見て意味を知るには便利ですが、「音」を表してくれません。そこで中国では1958年に漢字の読み方を示すものとして、アルファベット・ローマ字によるつづりを制定し、これを公布しました。中国でも小学校でまず、これを学びます。この中国式のローマ字つづりはあくまで中国語の発音を示すために定められたものなので、私たちが英語で慣れ親しんだ読み方とは、少し違います。そこで、まずはこのアルファベット・ローマ字を熟知することが中国語の音になれる第一歩です。

     

読み方はひとつ

  • 1つの漢字は基本的に一つの読み方しかありません。しかし、「多音字」と呼ばれる、2つ以上の読み方のある漢字もありますが、それはごく少数です。なので、日本の漢字のように一つの漢字に音読みや訓読みなど何通りもないので、漢字の読みであるピンインは比較的覚えやすいと思われます。

     

    敬語の体系がない

    • 敬語の表現はありますが、敬語の体系はありません。中国語を日本語に翻訳する場合は状況に応じて訳しましょう。

       

    格変化がない

    • 英語のように動詞の格変化がありません。過去や否定、受け身などを表す場合、それぞれの意味を表わす語彙があり、それを文法のルールに従って文の中に入れればいいわけです。