facebook twitter

  1. トップページ
  2. 中国語文法講座
  3. 第三十二課.複文と関連詞

複文と関連詞

基本例文

2つかそれ以上の文をつなげて文を作る複文と、文と文をつなぐ時にその意味をつなげる役割をする関連詞を勉強します。

 

複文

複文

  • 複文とは上の例のように、2つ、あるいはそれ以上の意味上深いつながりを持ち、かつ互いに他のいずれの文成分ともならない単文からなる文を言います。

  • 複文には①のように関連詞(単文と単文を結びつける機能を持つ語句)のないタイプと②のように関連詞(ここでは“如果rúguǒ”)のあるタイプに分けることができます。

  • ①のようなタイプは日本語では成り立ちませんので日本語に訳す時は、文の間に「~であるが」「~なので」のような《つなぎの言葉》を入れて訳しましょう。

  • ②のように《つなぎの言葉》である関連詞のあるタイプの文は、関連詞によって文と文の関係がはっきりされます。

 

関連詞

アドバイス

関連詞は呼応のタイプによって3種類に分けることができます。以下、例文とともに紹介します。各種検定試験などでも必ずでる頻出事項ですので完璧にしましょう。

関連詞