facebook twitter

  1. トップページ
  2. 中国語文法講座
  3. 第二十一課.使役構文

使役構文

基本例文

使役構文には“让 ràng”“叫 jiào ”“使shǐ”を用います。それぞれ使用法、意味が多少異なりますのでしっかり勉強しましょう。

 

使役構文“让 ràng”“叫 jiào ”“使shǐ”の使い方と意味の違い

使い方と意味の違い

  • “让 ràng”は、その人の望みどおりに「~させてあげる、~してもらう」という意味を持ち、“叫 jiào ”は相手に「いいつけて~させる」が本来の意味ですが、どちらも「~に~させる」と、口語でよくつかわれます。“使shǐ”はやや硬い文語的な言い方で、その後ろには動作を示さない、感覚を表す動詞、気持ちを表す形容詞など(“满意mǎny씓高兴gāoxìng”など)が置かれます。

 

使役構文の否定文と疑問文

使役構文の否定文と疑問文

  • 否定文は“不/没”“让/叫/使”の前に置きます。疑問文は“吗”を使う諾否疑問文のほかに、“让/叫/使”を反復させる反復疑問文が作れます。