facebook twitter

  1. トップページ
  2. 中国語文法講座
  3. 第十八課.経験のアスペクト

経験のアスペクト

基本例文

経験のアスペクトは以前にあった行為や状況に用い「~したことがある。」と、一般に時間的にはやや遠い過去を表します。

 

経験のアスペクトの使い方

経験のアスペクトの使い方

  • 経験相「~したことがある。」は動詞の後ろに“过guò”をつけて表します。

  • 動詞の前に、よく副詞の“曾经céngjīng(かつて、以前)”が用いられます。

  • “V+过”の後に“了”は付きません。

  • 連動文の場合は後ろのVに“过”を付けます。

  • wǒ qù túshūguǎn jiè guò shū   

    我 去 图书馆 借 过 书。     (私は図書館で本を借りたことがある。)

 

経験のアスペクトの否定文と疑問文

経験のアスペクトの否定文と疑問文

  • 経験相の否定文も“没有”を用い、“过”は付けたままにします。

  • 否定文には、“没有”の前に副詞“从来cónglái(これまで、かつて)”が付けられることがよくあります。

  • 疑問文は①諾否疑問文と②反復疑問文があり、さらに反復疑問文は上のように2通りの表現ができます。