facebook twitter

  1. トップページ
  2. 中国語文法講座
  3. 第十六課.持続のアスペクト

持続のアスペクト

基本例文

持続のアスペクトには「会議をしています。」のように、動作が持続している状況と「ドアが開いています。」のように、ある動作の結果がそのまま残存している状況を表現する2パターンがあります。

 

持続のアスペクトの使い方

持続のアスペクトの使い方

  • 【A】《動作の持続の“着”》【B】《動作の結果の残存の“着”》の場合いずれも、動詞あるいは一部の形容詞の後ろに“着”を付けます。

  • 【A】《動作の持続の“着”》の場合、動詞の前に“正、在、正在”を加えることができ、文末に“呢”を加えることもあります。

  • 【B】《動作の結果の残存の“着”》の場合、動詞の前に“正、在、正在”は用いないが、文末に“呢”を加えることはあります。

 

持続のアスペクトの否定文と疑問文

持続相のアスペクトの否定文

持続相のアスペクトの疑問文

  • 持続相の否定も進行相と同じく“没有”です。ただし、【A】《動作の持続の“着”》【B】《動作の結果の残存の“着”》で上のように“着”の有無に違いがあります。

  • 疑問文は文末に“吗”をつけるか、“V+着没有”です。

 

時間に縛られないアスペクト

  • 「進行のアスペクト」で学んだように、アスペクトは時間に縛られず、現在、過去、未来のいずれのことも表せます。このことはアスペクト全般に言えます。アスペクト自体時間からは自由な概念なのです。