facebook twitter

介詞

基本例文

中国語には「て、に、お、は」はありませんが、英語の前置詞に似た「介詞」という品詞があります。介詞は名詞を伴って介詞フレーズをつくり、文中で連用修飾語として、場所、対象、原因、時間などを表します。以下で詳しく勉強しましょう。

 

介詞の使い方

介詞の使い方

  • 介詞フレーズ(=介詞+名詞)は述語(動詞・形容詞)の前に置きます。

 

介詞の否定文 

介詞の否定文

  • 介詞の否定文の“不”の位置は上のように2パターンに分けることができます。ただ、述語が動作を示す動詞の場合でも、「不」が介詞の前ではなく、動詞の直前に来る場合もあります。

  • māma bù gěi wǒ xiěxìn

    妈妈 不 给 我 写信。(母は私には手紙を書きません→弟には書くけれど)

  • māma gěi wǒ bù xiěxìn

    妈妈 给 我 不 写信 。(母は私に手紙は書きません→電話はするけれど)

 

介詞の疑問文 

介詞の疑問文

  • ①諾否疑問文、②反復疑問文があります。ただ、反復疑問文は介詞を繰り返すパターンと述語を繰り返すパターンがあります。

  • ①述語が動作を示す動詞の場合、介詞を繰り返します。

    nǐ cóngbù cóng rìběn huílái

    你 从不 从 日本 回来? (あなたは日本から帰ってきたのですか。)

  • ②述語が動作を示さない動詞の場合、述語を繰り返します。 

    nǐ gēn tā rènshi bú rènshi

    你 跟 他 认识 不 认识?  (あなたは彼と知り合いですか。)

アドバイス

中国語は介詞がたくさんあります。徐々に覚えていきましょう。下におもな介詞の一覧をまとめましたので参考にしてください。

介詞一覧