1室あたり建設費8億円…超豪華ホテル「THE 13」今夏マカオに登場

CATEGORY:生活 DATE:2016年02月26日


 マカオ・コタイ地区でホテル開発プロジェクトを進めているルイ13世ホールディングス(漢字表記:路易十三集團有限公司)は2月25日、ホテルのブランド名を「THE 13(十三第)」とし、開業予定時期を今年(2016年)晩夏と発表。同時に、客室イメージを初公開した。

 「ウルトラ・ラグジュアリー」(ステファン・フン共同会長)を目指すという同ホテルはコタイ地区の最もコロアン島に近い位置にあり、200室のヴィラで構成される。このうち、大半のヴィラの面積は2000平方フィート、31室ある最大規模の「ヴィラ・デ・ステファン(皇殿)」については3万平方フィート超になるという。また、ヴィラ1室あたりの建設コストはおよそ700万米ドル(日本円換算:約7.9億円)とのこと。

 ホテル内にはミシュランガイドで長年にわたって三つ星評価を獲得しているフランス・パリの有名フレンチレストラン「ランブロワジー」の海外初となる店舗をはじめとした複数の料飲施設やスパも入る予定。

 なお、同社はブランド統一のため「THE 13ホールディングス(十三集團有限公司)」への社名変更を予定しているという。

 すごいですね。まるで王室。中国の金持ちは半端ないのでこんなのに泊まる人も結構いるんでしょうね。