楽山大仏(ラーシャンダーフォー)


概要

楽山大仏(乐山大佛lèshāndàfó)は、成都の南約160㎞にあります。

岷江、青衣江、大渡という3つの川が合流する凌雲山の上部の岩壁に彫られた世界最大級の石刻座仏で、高さは71m、肩幅は28m、頭部の高さは14mです。

奈良東大寺の大仏の全長が約15mですので、比較するとその大きさが想像できるでしょう。

足の甲は大人が100人座れるほどで、全景は遊覧船からでないと見られません。

1996年より、ユネスコの世界遺産(峨眉山と複合遺産)に登録されています。

歴史

この地域では古代から水害が多く発生し、弥勒菩薩の力を借りて水害を鎮めようと713年から803年まで、ほぼ90年かけて建立されました。

完成当時、大仏は法衣には金箔、胴には朱色が塗られており、「大仏像閣」いう13層の木造の建造物に覆われていましたが、明代末期に建物は焼失しました。

見どころ

大仏全体を見れる遊覧船が出ています。
        
また、大仏の頭部付近へ上り、階段で頭部から足元へ歩くという、大仏の大きさを間近で体験できるコースもあります。

近くには一緒に世界遺産となった、四大仏教名山の一つである峨眉山éméishān(アーメイシャン)があり、多くの仏教寺院を見ることもできます。