第十二課:定語と状語


第十二課:定語と状語
的de ”を伴って体言性の中心語を修飾する「定語(連体修飾語)」と、“地de”を伴って用言性の中心語を修飾する「状語(連用修飾語)」について勉強しましょう。

定語の使い方

定語の語順

第十二課:定語と状語

  • 「定語(連体修飾語)」は“的de”を用い、上の語順で体言性の中心語を修飾します。その際、“”を伴う場合と省略する場合がありますので以下見ていきます。
的de”を省略する場合

第十二課:定語と状語

  • 上の「省略する場合」において省略します。一番下の数量詞が定語の時は日本語では「二冊の本」のように“”にあたる「の」をつけますが、中国語では省略するので注意しましょう。下の省略できない場合と比較して使えるようになりましょう。

的de”を省略できない場合 

第十二課:定語と状語

状語の使い方

状語の語順

第十二課:定語と状語

  • 「状語(連用修飾語)」は“地de”を用い、上の語順で用言性の中心語を修飾します。その際、“”を伴う場合と省略する場合がありますので以下で見ていきます。

地de”を省略する場合

第十二課:定語と状語

  • 漢字2文字以上の形容詞が状語となって動詞を修飾する場合は、普通“”をその間に挿入するが、それ以外の場合は“地”を用いずに直接、動詞や形容詞につなげることができます。

地de”を省略できない場合

第十二課:定語と状語